自宅でのムダ毛処理の不満 ③ 下半身・背中などのムダ毛処理

自宅でのムダ毛処理の不満

こんにちは、自宅でのムダ毛処理だと下半身や背中が処理しづらいという意見があります。40代・50代まで見据えて肌のキレイさを維持する処理について考えたいと思います。

背中の処理

背中は他の方に手伝ってもらって電気シェーバーをかけるのが良いと考えます。

ほかには孫の手のような持ち手の長いT型カミソリを使う方法があります。合わせ鏡にして背中を確認しながら、そのような柄の長いT型カミソリをかけます。しかし、カミソリを使う場合には、使わない場合に比べ肌の角質層が厚くなりメラニン色素がたまりやすくなりますので、将来のシミ・そばかす・ホクロにつながる可能性があり、控えるべきかと考えます。

電気シェーバーをかけるのが難しい場合には、長期の素肌への刺激がなるべく蓄積しないよう、キレイで早い決着をめざし、サロンやクリニックの利用を考えることになるでしょう。将来のシミ・そばかす・ほくろ、処理の手間、お金、全体を考えるとサロンやクリニックを利用する方がメリットが大きいことも考えられます。

下半身・デリケートゾーンの処理

デリケートゾーンはかたちをイメージして、今はVIOラインといったりします。男性の場合だとVWOラインとかVωOラインなのかもしれません失礼。

VIOラインは普段の下着やトイレットペーパーのこすれによる皮膚への刺激でシミ・ホクロ・黒ずみができやすい場所です。毛抜きで毛穴に汚れを溜め込んだり、カミソリでより皮膚を刺激してしまわないように、またデリケートな箇所ですので、専用のVIOライン用電気シェーバーの利用がおすすめです。

電気シェーバーの利用で手間がかかるとか、毛が濃くなる不安がある場合には、背中の処理と同じように、全体を考えてサロンやクリニックの利用を考えることになりそうです。

コメント